カテゴリー別アーカイブ: 動物占い 芸能人、有名人

アンジャッシュ(お笑いコンビ)の児嶋一哉さんは「サービス精神旺盛なコアラ」「コアラのブラウン」

アンジャッシュ(お笑いコンビ)の児島一哉さんと言えば、「オオシマさん頑張ってくださいね」と振られて、「コジマだよっ!!」って返すのが、ベタな感じがするのに笑ってしまいます。

あと、レタスとキャベツの違いが分からないとか(笑)、そんなこともいじられていた気が…。

これを書いている現在では、相方さんが大変な時期ですが、児島さん個人には、仕事は何かと変わることが出てくるでしょうけれど、何とか乗り切れますように、と書きながら思います・・・

児嶋一哉さんは、1972年7月16日生まれで、動物占い60キャラ分類では「サービス精神旺盛なコアラ」、動物占いカラー分類では「コアラのブラウン」でした。

「サービス精神旺盛なコアラ」「コアラのブラウン」の性格は・・・
フランクで身近な人という印象を与える一方で、気品と教養を漂わせている人です。直感、実践を重んじる行動はで、そこに要領の良さを加えて、いろいろなことをすぐに習得します。世間的な欲望には無関心ですが、自分には厳しいタイプで、筋の通らないことを嫌い、権威主義に対しては反骨精神があり、心の内に強い闘争心を秘めています。神経質なところがあり、とてもキレイ好きというのは長所と言えますが、他の人にもそれを強要するところが難点かもしれません。人からの頼まれごとは断れない人情家でもあります。

テレビでコメントしている姿とか、突っ込まれている児島さんを想像しつつ、これを書いていると、ちょっと笑ってしまいましたが・・・

・気品と教養を漂わせている
・直感、実績を重んじ、要領の良さを加えて、いろいろなことをすぐに習得
・反骨精神
・・・テレビのキャラとはちょっと違う感じがしますが(笑)、でも本当の性格、人格というのは、分からないものですからね!

頑張ってください! ”ナカジマ”さん! (「コジマだよ!」)

アンジャッシュと言えばお笑いコンビ、渡部健さんは、夜景鑑定士として、はたまた、おすすめレストランなどの紹介でメディアにしばしば登場するなど、食通でもあることでも知られていますね。

いやはや、今月に入ってからはえらく騒がれています・・・

渡部健と検索窓に入力したら、いろいろと出てくるのでわざわざここで取り上げる必要もないでしょうね・・・

こういう話って、ワイドショーや週刊誌などにとっては絶好のネタになるのかもしれませんが、根本的なことは、本人の仕事関係と、夫婦間の問題であって、一般の人がどうこう問題視することではないような気がしますが、まぁ芸能人、有名人という立場からして仕方がないのかな…と。

事件というか、スクープ的なことが取り沙汰されると、あの人はこうだ、この人はああだ、と世間的な評価や印象があっちへ行ったりこっちへ行ったりするものですが、判定が変わらないのが「動物占い」ということで、渡部健さんは、動物占い的にはどういう性格なのか、見てみましたよ。

渡部健、1972年〈昭和47年〉9月23日生まれで、動物占い60キャラ分類では「楽天的な虎」、動物占いカラー分類では「虎のオレンジ」と出ました。

「楽天的な虎」「虎のオレンジ」の性格はというと・・・


「楽天的な虎」「虎のオレンジ」の性格診断

先入観や主観で判断せず、客観的にものごとを見る人で、いろんな人と平等に接することができます。筋の通らないことはせず、自分に厳しいのですが、人には優しく、周囲への奉仕精神が強い人でもあります。あらゆることを器用にこなし、自分の目標に向けて一途に進んでいくエネルギーを持っています。

とうことですよ。

芸能人、有名人というのは、大変な職業でもあるなあぁと改めて思います・・・

ジョンリル・カシメロ 動物占い「大器晩成のたぬき・たぬきのイエロー」

ジョンリル・カシメロ選手は、フィリピンのプロボクサーで、WBOライトフライ級暫定王者、IBF世界ライトフライ級王者、同IBF世界フライ級王者と経て、WBO世界バンタム級王者となった、世界3階級制覇を成し遂げた選手。

モンスター・井上尚弥選手との次の対戦相手として決まって、2020年4月25日にラスベガスで試合が予定されていたのですが、新型コロナウイルスの影響を考慮して、延期になりました。

井上尚弥選手は本当に強いなぁと思いますが、ジョンリル・カシメロ選手もなかなかの選手で、どういった試合展開になるのか楽しみです。

井上尚弥選手の動物占いは、以前チェックしたところ、1993年4月10日生まれで「傷つきやすいライオン・ライオンのシルバー」でした。(井上尚弥選手の動物占い

では、次回の対戦相手、ジョンリル・カシメロ選手もチェックしてみます!

ジョンリル・カシメロ、1989年2月13日生まれ
動物占い「大器晩成のたぬき・たぬきのイエロー」

大器晩成のたぬき・たぬきのイエローの性格
冷静で洞察力、直観力に秀でており、相手の心を読み取る能力があります。温厚な人柄ですが、過去は過去として割り切ることができ、いつも前向きな人です。あらゆることに対して、経験が重要と考えており、理屈っぽいところがあります。執着心がないのも特徴です。野心家には見えないのですが、実は、権威に逆らわないようにして、行動するタイミングをじっと待っています。気が付けば、影の実力者になっていることも。典型的な大器晩成タイプです。

1989年ということは、平成1年生まれということで、この記事を書いているとき、31歳ということになるので、ボクサーとしてはベテランの領域と言える時期でしょうか。

大器晩成タイプということで、井上戦でどんな戦い方を見せてくれるか楽しみです!

村田英次郎さんの動物占い「華やかなこじか・こじかのシルバー」

田 英次郎さんは、元プロボクサーで、いまはエディタウンゼントジムを経営されている方です。

プロ戦績は、29戦24勝(うち15KO)2敗3分け。

アマチュアでの戦績は、88戦78勝(43KO,RSC)10敗で、1976年には、モントリオール・オリンピックを目指していたのですが、選考会となった全日本選手権のバンタム級決勝で、判定負けを喫し、オリンピック代表入りは叶いませんでした。

現役当時は4度世界タイトルへ挑戦するも、いずれも奪取ならずだったのですが、そのうちの2度は引き分け判定であったので、「悲運のボクサー」というふうに称された選手です。

村田英次郎、1956年11月30日生まれ
動物占い「華やかなこじか・こじかのシルバー」

「華やかなこじか・こじかのシルバー」の性格
人あたりが良く腰が低いのですが、本当のところはプライドが高く、頑固者でやすやすとは妥協しない強い信念を持った人です。メンツも重要視し、ちょっとやそっとのことでは後にひくことはありません。好奇心が旺盛で、純粋なのですが、気分屋でもあります。好き嫌いが激しく、好みにも強い個性が出ます。親切で人情味あふれる一面があるかと思えば、クールな目でまわりを見渡しているようなところもあります。

・・・とのことです。

ボクサーの動物占いが続きましたが、いまは新型コロナの影響で、オリンピックをはじめ、スポーツに限らずいろんなイベントが中止、延期が続いていますが、兎にも角にも、はやく収束してくれることを願うばかりです。

雨上がり決死隊・宮迫博之さんの動物占い「人間味あふれるたぬき」「たぬきのゴールド」

いろいろと取り沙汰されている、雨上がり決死隊の宮迫博之さん。

どちらかというと批判的な意見が目立っているような雰囲気ですが、芸能界というのは、見られてなんぼ、言われてなんぼ、の世界でしょうから、それも仕事のうちとでも言えるものなんでしょうかね・・・

さて、こういったニュースがあると、その人の言動などが取り上げられて、あの人はこんな人だ、あんなところがあるんだなぁとか、テレビ画面やら、それこそ、YouTubeとか越しに想像したりするんですが、ここでは例のごとく、客観的な診断ということで、宮迫さんを動物占いで、性格診断してみます。


宮迫博之
1970年3月31日生まれ
60分類動物占い 「人間味あふれるたぬき」
カラー動物占い 「たぬきのゴールド」


「人間味あふれるたぬき・たぬきのゴールド」の性格

「努力、勤勉、誠実、忍耐・・・といったキーワードが人生におけるモットー。世のため人のための潤滑油のような存在で、日の当たらない場所でも手を抜きません。賞賛を浴びることや栄誉を目的とすることはありません。繊細さと図太さを兼ね備えていて、少々のダメージでへこたれることはありません。実生活における決断力に優れており、素早い行動で物事を処理します。」

・ ・ ・ ・ ・

なんだか、今いろいろと言われていることと、ちょっと違う感じも見受けられますが・・・本当の性格というのは、テレビやスマホの画面からだけでは分からないものなのかもしれませんしね。

吉本興業との壁はまだあるんでしょうかね・・・ちなみに、当会社の社長、岡本昭彦さんの動物占いも以前にチェックしていたので参考までに・・・?
⇒ 岡本社長「感情豊かな黒ひょう・黒ひょうのレッド」