「放浪の狼」カテゴリーアーカイブ

東京オリンピック・スケートボード(パーク)のメダリスト、四十住 さくら選手「放浪の狼、狼のブルー」、開 心那選手「頼られると嬉しいひつじ、ひつじのブラウン」

東京オリンピック2020、スケートボードの選手も大活躍で、とくに女子はメダリスト量産でしたね~。

今回は、スケートボードのメダリストの中から、女子のパークでメダル獲得したおふたりを動物占いチェックしてみましたよ。

スケートボード(パーク)で、四十住 さくら選手が金メダル、開 心那選手が銀メダルと、ワン・ツー・フィニッシュ!ということですね!

いやいやお見事です。

スケートボードがオリンピック種目になっていたのも知らなかったのですが、やっぱり新しくオリンピックで競われる競技となったんですね。

ということは、初代メダリストとうことになりますか、ひとまず、パークのメダリストをチェックしてみます!

まずは、堂々金メダルの四十住 さくら選手!

四十住 さくら(よそずみ さくら)
2002年3月15日生まれ
動物占い60キャラ分類「放浪の狼」
動物占いカラー分類「狼のブルー」

四十住 さくら
放浪の狼
狼のブルー
(女性)の性格

他人にゴマをすったり媚びた資することは決してない、潔い人です。常に変化を求めていて、心の移り変わりが早いのですが、いったんやると決めたことは最後の最後までやる抜く信念を持った人です。見た目はどちらかというと、大らかな感じに見える人が多いのですが、わりと奇人変人的な一面があるタイプです。第一印象としてクールな印象を与えるタイプのため、初対面の人はちょっととっつきにくさを感じかもしれません。ですが、本当は、ユーモアがあり明るい人です。

そして、銀メダルの開 心那選手!

開 心那(ひらき ここな)
2008年8月26日生まれ
動物占い60キャラ分類「頼られると嬉しいひつじ」
動物占いカラー分類「ひつじのブラウン」

開 心那
頼られると嬉しいひつじ
ひつじのブラウン
(女性)の性格

少々のことでは目指しているものをあきらめない強さを持っている人です。頼まれごとをされると断れない性格で、世話好きなタイプです。世のため人のために生きていきたいという思想で、助け合うことに喜びを感じる、優しいボランティア精神と持った、正義感の溢れる情熱家です。しっかり者なので、無駄を省いた合理的な計画を立てることができ、ここ一番のところで力を発揮することができます。客観的な判断が得意ですが、自分なりの価値観も持ち合わせています。どんな人に対しても、いったんその人の価値観を知り、認め、それを信じるというところから付き合いを始める人です。

四十住 さくらさん、開 心那さん、どちらも「やると決めたことはトコトンやる」とか「少々のことではあきらめない」といった内容のコメントが出てくるところあたりが、アスリート!という感じがしますけど、性格的には当たってる感じなんでしょうかね。

それにしても、どちらかというと、欧米的なスポーツに思えるスケートボードで、日本人選手が金銀とメダル獲得するって、なんだかすごいな~と感じます。

いやいや、おつかれさまでした! おめでとうございます!

【動物占い】東京オリンピック♪ゴルフ🥈稲見 萌寧選手&自転車🥈梶原 悠未選手

ゴルフで銀メダルの稲見 萌寧選手と、自転車で銀メダルの梶原 悠未選手。

動物占いで性格占いしてみますと、どちらも「放浪の狼」「狼のブルー」となりました!

お二人のとも銀メダル獲得ですね、おめでとうございます♪

稲見 萌寧(いなみ もね)
1999年(平成11年)7月29日生まれ
動物占い60キャラ分類「放浪の狼」
動物占いカラー分類「狼のブルー」

梶原 悠未(かじはら ゆうみ)
1997年(平成9年)4月10日生まれ
動物占い60キャラ分類「放浪の狼」
動物占いカラー分類「狼のブルー」

「放浪の狼」「狼のブルー」ってどんな性格を表しているんでしょうか?

稲見 萌寧、梶原 悠未
放浪の狼、狼のブルー
(女性)の性格

俗世間には無関心で、我が道を行く旅人といった風で、他人にゴマをすったり、媚びたりすることのない潔い人です。常に変化を求め、心の移り変わりが早いタイプですが、いったんやると決めたことはトコトンまでやり通す信念を持っている人です。外見的には大らかな雰囲気を醸し出していますが、結構な奇人変人気質の面があるようです。第一印象はクールに見られがちなので、初対面では少々とっつきにくいと思われることが多いですが、本当のところは、明るく素直でユーモアにあふれる人です。

”奇人変人”というのがちょっと笑ってしまいますが、個性的と言い換えた方がご本人たちにとってはいいでしょうかね(笑)

ちなみに、動物占いのキャラには、地球、月、太陽という大きなグループ分けがあって、狼を含め、猿、コアラが地球グループに属しているんですね。

地球グループは、地に足がついている、というイメージがあって、自分のことは自分で決めたい!という性格の人が多いそうです。

なので、人に振り回されることが少なく、恋愛においても、本気で相手を好きにならないことには始まらない傾向があるとのことです。

基本的には、現実主義なタイプと言えそうです。

地球、月、太陽のグループについてのお話はこちらを参考に♪ 動物占いのおける地球、月、太陽のグループ

何はともあれ、メダル獲得おめでとうございます!そして、おつかれさまでした!

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 

 

東京オリンピックのメダリスト男子競歩🥈池田向希選手🥉山西利和選手の動物占い

東京オリンピックの男子競歩20kmで、表彰台に二人の日本人選手。

池田 向希選手が銀メダル、山西 利和千数が銅メダルを見事獲得しました。

今回のオリンピックでは、陸上競技でメダル獲得できた競技としては、競歩だけだったようですね。

過去の競歩の履歴を見ていますと、ときどきメダル獲得しているのが確認できましたが、今回の、日本人選手がふたり表彰台にあがったというのは初なんでしょうかね。

さて、さっそくですが、オリンピックの競歩メダリストの方々の性格はどんな感じ?

まずは、銀メダリストの池田 向希選手です。

池田 向希(いけだ こうき)
1998年5月3日生まれ
動物占い60キャラ分類「人間味あふれるたぬき」
動物占いカラー分類「たぬきのゴールド」

池田 向希
人間味あふれるたぬき
たぬきのゴールド
(男性)の性格

日の当たらないところでも決して手を抜かない、燃えるようなパワーを持っている努力家です。誠実、勤勉、忍耐が人生のモットー、賞賛、栄誉を目的とすることはありません。細やかで繊細な部分と、図太さを合わせ持っており、ちょっとのダメージではへこたれません。決断力、行動力があり、素早く物事を処理することができます。

お次は、銅メダリストの山西 利和選手。

山西 利和(やまにし としかず)
1996年2月15日生まれ
動物占い60キャラ分類「放浪の狼」
動物占いカラー分類「狼のブルー」

山西 利和
放浪の狼
狼のブルー
(男性)の性格

気分や好き嫌いに左右されることのない、強い意志を持った人です。根気が足りず飽きっぽいところがあるのが難点です。人から頼まれごとをされると断れない人情に厚いタイプで、自分の時間を削ってまで、問題解決のために奔走します。大器晩成タイプです。

おめでとうございます!おつかれさまでした!

オリンピック競泳、個人メドレー2冠達成の大橋悠依選手、動物占いは「放浪の狼、狼のブルー」、200mバラフライで銀メダルの本多 灯選手は「面倒見のいい黒ひょう、黒ひょうのブラウン」

他のスポーツでも昔は言われていたことのように思いますが、水泳で日本人選手が勝つというのは、あまり聞かれなった印象ですが、今回の東京オリンピック競泳で、200m、400mの個人メドレーで、大橋悠依選手がなんと2冠を達成しましたね。

すごいですね~。

動物占い的にはどんな方でしょうか。

大橋 悠依(おおはし ゆい)
1995年10月18日生まれ
動物占い60キャラ分類「放浪の狼」
動物占いカラー分類「狼のブルー」

大橋 悠依
放浪の狼
狼のブルー
(女性)の性格

常に変化を求めており、心変わりが早いのですが、いったんやると決めたことは最後までとことんやり通す信念を持っており、他人にゴマをすったり媚びたりすることのない、潔い人です。見た感じは、大らかに見えるのですが、わりと奇人変人的な一面も持っているようです。第一印象としてはクールに見えるためか、初対面ではとっつきにくいと思われがちですが、実は、明るく素直で、ユーモアもある人です。

そして、競泳メダリストのもう一人、200mバラフライで堂々の銀メダル獲得の本多 灯選手。

本多 灯(ほんだ ともる)
2001年12月31日生まれ
動物占い60キャラ分類「面倒見のいい黒ひょう」
動物占いカラー分類「黒ひょうのブラウン」

本多 灯
面倒見のいい黒ひょう
黒ひょうのブラウン
(男性)の性格

空想家、楽天家、自分が変わり者であることを売りにしているところがあります。人が自分に好意を持つのが当たり前だと思っているものの、人から好かれるという得な性格をしています。曲がったことが嫌いだという純粋な心を持っています。誠心誠意、人に尽くすのですが、相手の気持ちを読み取ることは不得手です。プライドは高い方で負けず嫌いです。巧みな話術で知らない間に自分のペースに持ち込むことができます。

動物占いから、競泳の世界トップレベルで競う素養が分かるのかどうか定かではありませんが(笑)

おつかれさまでした!

映画「ザ・ファブル」名脇役? 柳楽優弥さん・佐藤二朗さん

映画「ザ・ファブル」、なかなかキャスティングが良かったように思います。

ストーリーの展開の中では、主要人物とも言える人物として、柳楽優弥さんも出演されてましたが、この役柄はなかなか見ものでしたね。

あと、佐藤二朗さん演じる、デザイン会社の社長さん。

この人物も、シビアな物語の中で、いい塩梅で機能していたと思います。

お二方とも名演だったと思うのですが、いかがでしょう。

ここでは、このお二人の俳優さんの、素顔を動物占いでチェックしてみます。

 ・ ・ ・ 

柳楽優弥
1990年3月26日生まれ
動物占い「波乱に満ちたペガサス・ペガサスのゴールド」

「波乱に満ちたペガサス・ペガサスのゴールド」の性格(男性)
細かいことは気にしない、大らかで人間味あふれた人物。とは言っても、単におおざっぱというわけではなく、行き届いた気遣いもできます。細やかな神経に見合った感受性、創造力を持っています。どんなことでも平均点以上の成果を出せる能力があります。最後の詰めの甘さが玉にキズ?

 ・ ・ ・ 

佐藤二郎
1969年5月7日生まれ
動物占い「放浪の狼・狼のブルー」

「放浪の狼・狼のブルー」の性格(男性)
意志が強く、気分や好き嫌いだけで左右されない人です。根気がなく飽きっぽいところが弱点と言えそう。人情に厚く、頼まれたことは断れず、自分の時間を削ってでも、問題を解決しようと奔放します。大器晩成タイプです。

 ・ ・ ・ 

「ザ・ファブル」での役柄としては、柳楽優弥さんは、めちゃくちゃ悪役 (^^; という感じでしたが、ご本人は「人間味あふれた人物」ということですね。

佐藤二郎さんは、役柄でも、一般社会ではちょっと浮いてしまう、ファブルこと、主人公を雇ってあげるなど、情に厚い感じもチラホラ表現されていたように思いますが、ご本人は大器晩成ということなので、これからもまだまだご活躍期待ですね。

映画「ザ・ファブル」きれいどころ、木村文乃さん・山本美月さんの動物占い