カテゴリー別アーカイブ: 動物占いコアラの芸能人・有名人

サービス精神旺盛なコアラ・ブラウンのコアラ、児島一哉(アンジャッシュ)

サービス精神旺盛なコアラ(子守熊)・ブラウンのコアラ(子守熊)
アンジャッシュ・児島一哉さん。

ネットで調べてみたら、「通称:大嶋、中嶋、お嶋」とありました。(笑)

要するに「児嶋だよ!」を引き出す、トスですよね。

今みたいに売れていないときは、ずっと、くりぃむしちゅーの上田晋也さんのうちに居候させてもらっていたとか。

そして、くりぃむしちゅーが売れていった経緯なんかもずっと見ていて、お笑いの世界には現実に夢があって、しかもスゴイ人はホントに売れるんだなぁと、まじかで見ていて思ったそうです。

ネットニュースのインタビューでいろいろエピソードを話してくれてましたけど、なんともええ話だなぁと思いました。

いじられキャラで居場所を見つけた児島さん、実際には、いじられキャラタイプなんでしょうか。

児島一哉 1972年7月16日生まれ
サービス精神旺盛なコアラ(子守熊)
ブラウンのコアラ(子守熊)
フランクリーな面があって身近な存在と感じさせる雰囲気がある一方、気品を漂わせる人です(あれ!?)。行動派で、直感、実践を重視し、要領も良いので、いろんなことをすぐに習得します。自分に厳しいところがあり、世俗的な欲望には関心がありません。権威主義や筋が通っていないことなどが嫌いで、心の内に、闘争心や反骨精神を持っています。神経質なところがあり、きれい好きなのは長所であるものの、それをまわりに強要するのがイタイ。人に頼まれ事をされると断れない人情家でもあります。

気品を漂わせる、というのが面白いですね。

最近はちゃんと?「児嶋(こじま)!え?おまえ、児島じゃないの?」と正しい名前を呼ばれて、「児嶋だよ!」の戦法が使えなくなってきてるみたいで、それまた面白い。

かつて、児島さんにいろいろと気遣ってくれた、くりぃむしちゅーの上田晋也さんは、1970年5月7日生まれで、動物占いは、クリエイティブな狼・オレンジの狼

他人に自分のペースを乱されるのが嫌いで、我が道を行くマイペースな人。細かい気配りができ、親切で思いやりのある人です。こだわりやさんで、融通の効かない一面もあって、頑固者ではあるものの、秩序を大切にし、抜けがけのようなことはしません。ユーモアのセンスがあり、サッパリとした人付き合いができます。合理的な考え方をしますが、実際のところは、人間的にクールというよりは、お人好しというタイプです。

児島さんを長いこと居候させるといったところからも、お人好しというか、思いやりがあるというか、確かに上田晋也さんは、ちょっと男気のあるようなタイプに見えますもんね。

お二人とも、これからもお笑い界を盛り上げて欲しいものです。

動物占いは「活動的なコアラ・レッドのコアラ」上野優花さんご結婚(「ZIP!」2代目お天気キャスター)

朝の情報番組「ZIP!」で、2代目のお天気キャスター、上野優花さんが3月31日に結婚をご自身のブログで、結婚したことを公表したとのこと。

かわいいし、ファンも多かったでしょうから、「え~っ」という男性も少なからずおられるでしょう(T_T)

お相手は「同じ年の会社員」ということで言われていますが、一般男性ってことなんでしょうね。

なにやら、この春から広島に引っ越すということらしいので、旦那さんは広島の方なのかな?

なんにせよ、結婚のニュースはめでたくていいです。

そして、動物占いで実はどんな人なの?ってことでチェックしてみました♪

上野優花 1988年8月9日生まれ
動物占い  :活動的なコアラ(子守熊)
カラー分類 :レッドのコアラ(子守熊)

「活動的なコアラ・レッドのコアラ(子守熊)」の性格
性格は明るくて快活、芯が強くて男勝りで勝ち気です。でも、情に厚くて涙もろく、人に何かを頼まれると断れない人情味に溢れた人、お人好しな面もあります。熱しやすくて冷めやすい、理屈よりも感覚を信じていて、思ったことことはすぐに行動に移します。ですが、でしゃばることは好きじゃありません。

コアラとはいえ、すごい面倒見が良さそうな、江戸っ子みたいな印象を受けましたが、さて、どんな家庭を築いていかれるんでしょうね。

なんにせよ、めでたいお話なので、末永く幸せな結婚生活を送って頂きたいものです♪

高橋由美子ってどんな人?こちらは動物占いでチェック・・・

高橋由美子さん、えらく取り上げられています・・・不倫関係の話題なので、好きな人は好きなんだろうけど、あまりハッピーなニュースではないですが。

いろいろとワイドショーとか、その他の情報番組でこの件については、なんだかんだと言われていますが、逆に、当人より薬丸さんの残念な気持ちが切ないなぁと思いました・・・

仕事がら、そういうニュースも取り上げつつ、話を進めないといけないとは思いますが、かつて、舞台を一緒にやった時期などもあったとかで、すごく可愛い素直な子だったのに・・・と。

「南くんの恋人」とか「ショムニ」とかで、人気あったのですが、不倫そのものも好ましくない行動だったかもしれませんけど、先日の記者に対する対応がマズかったんでしょうね。

かつて、20世紀最後のアイドル??みたいなことも言われていたんですが、まぁ、人は変わるものといいつつも、なかなか受け入れがたい方々もおられるのかもしれませんね。

さて、良い悪いは、あまり外野でごちゃごちゃ言っても、しょうがないので、ここでは、高橋留美子さんはホントはどういう性格?というのを、客観的に?動物占いでチェックしてみます。

◆ 高橋由美子、1974年1月7日生まれ
動物占いサービス精神旺盛なコアラ
カラー分類ブラウンのコアラ
控えめで、雰囲気は、昔ながらの日本人女性という感じの人です。争いごとは好きではなく、温厚、円満なタイプです。周りに対しての警戒心は強くて、自分のことだけでなく、家族、身内についての気苦労も多くなりがちです。現実主義であるものの、美的センスや直観力がすぐれていて、ロマンティストでもあります。感受性が豊か、過敏と言えるほど鋭いこともあり、親しく付き合ってみると、神経質な一面が見えてきたりするかもしれません。

どうでしょうか。

ロマンティストであることと不倫関係は、結べるものないと思いますが、感性と理性のバランスの話ということ?と考えると、なにかブレーキのかからない感情があったとか?

男女の話というのは、なかなか思ったようにいかないとか、ルール通りに行かないってことはあるのだろうと思いますが、芸能人的には叩かれやすい出来事ですもんね・・・

いずれにしても、外野はとやかく言っても仕方がないです。

サービス精神旺盛なコアラ ← 9mm Parabellum Bulletのギターボーカル菅原卓郎

9mm Parabellum Bullet(9ミリ パラベラム バレット)と言えば、4人組のロックバンドですが、このバンドのギターボーカルの菅原卓郎さん、結婚していて、子供さんもいたんですね。

とくに隠していたわけではないのでしょうけれど、公表していなかったとかいうことでちょっと話題になっていましたね。

公園とかでパパしているところを目撃されていた、とか書かれてましたが、結婚とか子供がいることを隠しておこうと思ってたんなら、公園なんかで遊んだりしないでしょ、って思いますね。

アフロヘアーが特徴で、キリッとした容姿の菅原卓郎(1983年7月19日生まれ)さんは、動物占いのキャラは、「サービス精神旺盛なコアラ」。

動物占いでの性格診断では・・・

フランクで身近な雰囲気を漂わせた人であると同時に、教養や気品を感じさせるような人。

要領が良い面と、直感・実践を重視する活動的な部分とが合わさり、どんなこともすぐに習得します。

世俗的な欲がありません。

また、自分に厳しい人で、筋の通っていないこととか、権威的なモノを嫌っていて、反骨精神の持ち主で、心の内に強い闘争心を秘めています。

いくぶん神経質なところがあり、大のきれい好きなのは長所なのですが、それを他人にも教養してしまうのは気をつけたいところでしょう。

人情家で、人に頼まれ事をされると、断れないタイプ、ということです。

見た感じも自分に厳しい感じが出てる?っていうふうにも思えたりします。

「サービス精神旺盛なコアラ」の芸能人、有名人

フィギュアスケートの羽生結弦選手 動物占い「フットワークの軽いコアラ」世間の評判に無頓着、我が道を行く!だから世界レベル!?

<好きな芸能人を動物占いで占ってみました。口コミ感想>

 ・好きな芸能人 羽生結弦(フィギュアスケート)
 ・生年月日 1994年12月7日
 ・診断結果 「フットワークの軽い子守熊(コアラ)

1994年12月7日生まれの羽生結弦選手を占ってみました。

羽生選手の動物キャラは「フットワークの軽い小守熊」。

世間の評判には無頓着で颯爽と我道を行くというのはイメージにぴったり。

フィギュアは勝負の世界ですが、羽生選手はたとえ王者になっても自分の演技に納得がいかなければ満足しません。

世間に流されず、志を高く持っている羽生選手は「物事の本質を見極めたり先行きを予測したりすることが出来る」人だと言えるでしょう。

理想を実現する意志が強いというのも納得です。

2014年11月に開催された中国杯では、公式練習中にエンカンと衝突して流血騒ぎになりましたが、棄権することはありませんでした。

迫真の演技には鬼気迫るものがあり、羽生選手の意志の強さに驚かされました。

自分の世界にどっぷり浸かってしまうと「オタク」になってしまうとも書かれていましたが、一流の人物は皆どこかオタク気質です。

確固たる自分を持たない人にとっては「オタク」に見えますが、寝食を忘れて打ち込むほどの情熱がなければ一流にはなれないのです。

羽生選手のようなスポーツ選手にとってオタクっぽいところはむしろ長所でしょう。

フィギュアスケートは技術に加えて芸術性も問われます。フィギュアオタクになれなければむしろ三流の選手で終わってしまうところです。

—————–