映画「ちはやふる」キャストの動物占い!須藤暁人役の清水尋也さん「チャレンジ精神旺盛なひつじ」「ひつじのブルー」

名わき役、というと「ちはやふる」では、ほとんどの人がそう言えるのかもしれません。

いやいや、わき役という言い方が正しいのかどうかも分からないですが、いちおう、綾瀬千早を主人公と考えて、綿谷新、真島太一をその両翼としての物語と捉えて、しいてわき役という言い方に(笑)

今回は、須藤暁人を取りあげてみます。

ドSということで紹介されていて、競技かるたの強豪、北央学園の強者で、映画版では主将として演じられていました。

彼のキャストとして選ばれていたのが、清水尋也さん。

細目でクールな感じが似合ってましたね。

で、始めに綾瀬千早と対戦するときには、なかなかドSな感じというか、嫌なやつ~!という雰囲気がいい具合に出ていました。

でも、後半になってくると、競技かるたに対する熱い想いが伝わってくるシーンもあって、お~なかなかいいヤツじゃん!と見直してしまうところもありました。

さて、演者の清水尋也さんは、ドSの須藤暁人と共通項があるのでしょうか。

清水 尋也(しみず ひろや)
1999年(平成11年)6月9日生まれ
動物占い60キャラ分類
「チャレンジ精神旺盛なひつじ」
動物占いカラー分類
「ひつじのブルー」


チャレンジ精神旺盛なひつじ
ひつじのブルー
(男性)の性格

孤立を好まず、集団の中で行動することで安心を得ます。世の中の動きには敏感に反応し、まわりと同じような生き方を望み、個性的な生き方をすることは不得手です。結論は、時の流れに任せる傾向があります。他人とは一定の距離を保ったうえで、相手を立てながらも、その内心、心理状態を見極める能力に優れています。気がつけば、自分のペースに持っていくような駆け引きは大の得意です。

作中の須藤暁人を考えると、体育会系の競技かるた部ではあるものの、集団の中で行動することで安心を得る、というのはイメージちょっと違いますかね。

でも、演者の清水尋也さんはそうなんでしょうか。

清水尋也さんにドS要素があるのかどうか分かりませんが、自分のペースに持ち込むのが得意だというのは、競技かるたには向いているような感じがしますし、それがうまく演技にもにじみ出ているとかあったんでしょうか。

今後もいろんな人物を演じて、益々の活躍を期待ですね!