動物占いキャラナビ60 のすべての投稿

「ひふみん」こと加藤一二三さんの動物占いは?

[広告]

いまやアイドル的存在?とも思われる、将棋棋士のひふみん、加藤一二三さん。

いろいろとテレビ番組なんかでも引っ張りだこだった感じありますし、2017年末の紅白歌合戦にも審査員として出られてて、人気がすごいですね。

なにか、将棋に限らずですが、ちはやふるのテーマでもあった百人一首にしろ、スポーツなんかでもそうですが、今までそんなに、世の中の大注目を集めていたわけではない分野に、焦点が当たり出しているというのは、喜ばしいことのように思います。

子供とかが見ていて、「あ、私もこれやってみたい!」なんて思えるキッカケが増える可能性もありますしね。

まぁさすがに、それこそひふみんとか、羽生さんとか、そんな氷山の頂点らへんを目指して!とまでは考えなくても、とにかく何かを始めてみる、っていうのは、とても大切なことのように思います。

それも、親の意向でそういうふうに仕向けるというよりは、いろんなことをやらせてみて、自分で進んでいろいろ勉強したり、練習したり、一生懸命になるときが出来たら、のちの人生において、支えになったり、そんな大げさではなくても、思い出には残るでしょうしね。

さて、勝ちも負けも多く、将棋というものの代名詞ともいえる感じがする、加藤一二三さん、ひふみんですが、独特のキャラクターってこともあって、面白い方です。

動物占いは何になるんでしょう。ご本人そのものが、何かほっこりする動物のイメージが重なる感じもしますが・・・

「ひふみん」こと加藤一二三さん、1940年1月1日生まれ、動物占い「尽くす猿」カラー分類では「パープルの猿」となるようです。

「尽くす猿・パープルの猿」の性格
人に対する気遣いは完璧で、社交的な人です。まわりの人たちとのトラブルを回避するため、自分の感情は表に出さずに、合理的に振る舞うことができ、大人対応の人です。敏感な感受性と、冷静な判断力を持ち合わせていて、些細な事柄から人の気持ちを正確に読み取ることができる能力を持っています。自分の持っている能力に自信があって、人任せといったことはしませんし、独立心も旺盛です。金運に恵まれやすいタイプで、お金儲けのセンスもあるようです。

社交的、冷静な判断力、といったところは、そのキャラクターと将棋棋士であることとマッチしているような感じがしますね。

お金儲けの才があるのかどうかはイメージしにくいですが、醸し出している空気から人気が出るってことで、それもその才能のひとつの表れでしょうか。

第一戦は退いたということですけど、将棋界の偉人さん、貴重な人として、元気で将棋を打っていてほしいです。

新動物占いで芸能人のカップルの相性鑑定

新動物占いで芸能人どうしのカップルの相性を占いしてみるというのが、ちょっとしたブームになっている感じのやり取りを、ネット上で見つけました。

先日ニュースで大々的に報道されていたのが記憶に新しい、福山雅治と吹石一恵との結婚発表。これ、ご両人とも、異性の熱烈ファンがいる人たちだと思うので、えー!っとショックを受けた人とか、なんか悔しい!みたいな感情を持った人もいるのではないかなと思います。

まさに、人気者どうしの結婚ということで、話題になりやすい2人ですね。

この2人のニュースとほぼ同じときに、千原ジュニアの結婚も取り上げられていたようなのですが、お相手の方が一般女性で、先のニュースがでかかったために、あまり表に出てこなかったみたいです。やいやい言われなくて当人たちは良かったのかもしれませんが、私のような芸人好きの人間には、こっちの方が嬉しいニュースであったりします。

昨日は昨日で、鈴木浩介と大塚千弘の結婚もニュースになっていましたね。Yahoo!とかネットの情報ってトップページに出ているので、見ようとしていなくても情報として入ってくるんで、知っている感じです。

こういうのを、新動物占いで相性鑑定したりしながら、人の性格や相性診断に詳しくなっていくって方法はありな感じがします。

進化版動物占い、カラーと性格分類

進化版動物占い、動物キャラナビとか言われていますが、昔に流行った動物占いが、パワーアップして今また密かなブームになっているのを、結構知ら無い人がいるみたいですね。

そういう話をすると、動物占い?あー懐かしいなぁって言う人も結構いますし、例えば、気分屋の猿(北野武さん)、デリケートなゾウ(SMAPの中居くん・・・今は「もと」SMAPになるのか・・・)とか、ペガサスのゴールド(マツコデラックス)、猿のブラック(関ジャニの村上くん)とかいう分け方のことを知知らない人も多いみたいですね。

ここで書いたような、猿は猿でも、気分屋の、守りの、みたいな形容詞がついたり、ゴールド、シルバー、ブラック、レッド…といったカラーがついたりして、分類が多くなって、全部で60種類の性格として診断できるのが、進化版動物占い、動物キャラナビです。

性格を表す形容詞は、60種類それぞれがありますが、カラーは10色で、各動物キャラに当てはめられています。

どちらで占っても、ちゃんと詳しい性格の説明があるので問題無いと思いますし、要するにこのキャラクターは記号みたいなものだと言えますよね。

動物占いというと、名前がキャッチーですし遊びのひとつみたいで親しみやすさがありますが、この情報量というかデータベースの豊富さはとてつも無いもののようです。

動物占いの内容をちゃんと極めようと思ったら、辞書くらいの本でも一冊では収まりきれ無いと思いますね。

それもそのはずで、長~い歴史のある、陰陽五行説とか四柱推命とかいった、占いのルーツとも言える占術から現代風にアレンジしたものということで、バックボーンはそれこそ太古からのデータや実績に裏付けられているんですから。

もともと動物占いを知らなかった人も、お!懐かしい!と言う人も、より詳しく面白くなっている進化版動物占い、相性診断なんかも充実しているので、楽しんでみては?と思います。

動物占い、やり出すとハマる…

動物占いって調べだすとなかなかハマります。

と言っても、私はそんなに占いとかにどっぷりハマるってことはないのですが、動物占いって、昔からある、四柱推命とかをベースにしているってことで、要するに、統計データに、そのルーツがあるってことですよね。

そうすると、少なからず、傾向は見えてくると言えると思います。

あくまで傾向じゃないか、という意見も分かりますし、全員が動物占いの通り、ピッタリその性格だと言えるとはもちろん思いませんけれども、こういった、性格とか運気とかと流れ、サイクル、周期といった考え方は、それはそれは太古の昔から語り継がれてきているものです。

もし、全く無意味なもの、全然あてにならないものであるならば、とうの昔に淘汰されてしかるべきものだと思うわけです。

そこが、占いとか鑑定とかの不思議さというか面白さだろうなと思いますね。

実際に動物占いをやってみて、当たるとか当たらないとか、いろんな感想があると思うんですけども、動物占いといっても、実は、一人の人間をちゃんと表現するには、複数の動物が当てはめられるんですよね。

星占いとかでも、太陽星座による占い、月星座による占い、ってのがありますが、一人の人を、どの観点から見るかによって、いろんな見方ができるんです。

あなたは短気な人です、と言われたとしても、ある分野ではそうであっても、別のことに関しては、普通より気が長いっていうようなことは、往々にしてあります。

とにかく、動物占いをはしめ、こういった占いというのは、調べれば調べるほど、奥が深いというか、なかなか良くできているなぁと思わされます。

なんだか、心理学とか、哲学とかの領域とかぶってくるような印象ですかね。昔の人、ほんといろんなこと考えてたんだなぁと改めて思います。

動物占い60種類はカラーと性格の分類がありますね

動物占いで、60種類のキャラクターわけがありますけど、カラーによる分類と◯△◇のペガサス、みたいな性格による分け方がありますね。

どちらもれっきとした動物占いであるんですが、カラーの方がこないだ、マツコデラックスと関ジャニ村上が「月曜から夜ふかし」の中で、2015年版動物占いとして紹介していたんで、いまのトレンドなのかもしれません。

私が知ったときは、なんとかの猿、なんとかのペガサスっていう言い方の方しかな買ったように思いますんで、カラーわけの方が新しいんじゃないかと思いますね。

で、どちらで診断したらいいかですけど、どちらでもちゃんと性格やら相性やらを見ることができるんで、どちらでも良さそうです。

ちなみに私は、好感をもたれる狼なんですが、カラーでいうと、ブラックになるみたいです。

性格はといえば、研究熱心で、ルールを守る常識人であるということですね。

自分のことってよく分かりませんが、仕事柄もあるかもしれませんけど、データを分析したりするのが好きですし、どちらかというと保守的な考え方が強い傾向あると思うんで、ご名答!という感じがします。

嫁さんは、虎の茶ブラウン。これは、パワフルな虎に相当するようで、おっとりした印象があり、典型的に大器晩成の人だそうです。

これ笑ってしまいましたが、まさにおっとりした雰囲気を持っています(^^) 中身は結構アツイというか頑張り屋さんなんですが、見た目というか空気感はのんびりとでもいう感じを出す人だと思います。

大器晩成なのかどうかはわからないですけど、これからも何かデカイことでもし始めるのかもしれません、こわ…。

でこの2人の相性はというと、まぁまぁって感じ。どっちかと言えば、それほど良くないみたい。でも、2人とも独立心が強い方なので、折り合いつかないことも…といった意味があるようで、相性が、中の下、と言われても納得する感じです。

まぁ現実的には、なんだかんだありながら仲良くやってる方だと思うので、動物占いの相性診断で悪かった2人でも、その内容を参考にしつつ、関わり合い方を工夫していく、という資料にしたらいいんだろうなと思います。

自分のことの見直しにしても、家族、友達、仕事関係、いろんな人間関係がありますけど、ちょっと停滞していたり、どうもうまくいかないなぁなんてことがあれば、動物占いで調べてみると、何かヒントやアイデアが湧いてくるかもしれませんよね。