カテゴリー別アーカイブ: 動物占いキャラナビ60

動物占いで都道府県知事の性格診断! 沖縄県知事 玉城 デニー「面倒見のいい黒ひょう・黒ひょうのブラウン」

動物占いで都道府県知事の性格診断をしてみました♪

沖縄県知事
(2020年(令和2年)5月現在)


玉城 デニー(たまき デニー)

1959年10月13日生まれ
動物占い60キャラ分類
 「面倒見のいい黒ひょう」
動物占いカラー分類
 「黒ひょうのブラウン」


面倒見のいい黒ひょう
黒ひょうのブラウン
の性格

変わり者であるのを自分の売りにしています。楽天家、空想家。まわりの人が自分に好意を持つのは当たり前だと思っているのですが、実際に人から好かれるという得な性格をしています。純粋な心の持ち主です。曲がったことが嫌いな正義感あふれる人。相手の気持ちを読み取ることは不得手ですが、誠心誠意、人に尽くします。話すことが得意で、いつの間にか人を自分のペースに巻き込んでしまうことができます。プライドが高く負けず嫌いなタイプです。

動物占いで都道府県知事の性格診断! 鹿児島県知事 三反園 訓「傷つきやすいライオン・ライオンのシルバー」

動物占いで都道府県知事の性格診断をしてみました♪

鹿児島県知事
(2020年(令和2年)5月現在)


三反園 訓(みたぞの さとし)

1958年(昭和33年)2月13日生まれ
動物占い60キャラ分類
 「傷つきやすいライオン」
動物占いカラー分類
 「ライオンのシルバー」


傷つきやすいライオン
ライオンのシルバー
の性格

上下関係にはうるさい方で、常識や秩序が乱されることをとくに嫌います。ただ、これは、理想の生き方に対するこだわりや、弱音を吐くことのない芯の強さから来るものと言えます。自分のことよりも人のために尽くす純粋な心を持っています。常に若さを失うことなく、問題にぶつかるほどにいつも以上のパワーを出し、あらゆることを乗り越えていきます。さまざまな分野の情報を収集し、実績のあるデータをもとに次の展開を考えるため博識タイプです。

動物占いで都道府県知事の性格診断! 宮崎県知事 河野 俊嗣「感情的なライオン・ライオンのゴールド」

動物占いで都道府県知事の性格診断をしてみました♪

宮崎県知事
(2020年(令和2年)5月現在)


河野 俊嗣(こうの しゅんじ)

1964年9月8日生まれ
動物占い60キャラ分類
 「感情的なライオン」
動物占いカラー分類
 「ライオンのゴールド」


感情的なライオン
ライオンのゴールド
の性格

人に対して気を遣うものの、愛想よく振舞うことは苦手で、生真面目な性格から、思ってもいないことを口にすることができません。負けず嫌いでプライドは高いですが、誉め言葉には弱いようです。サッパリしていて竹を割ったような性格です。気の許せる仲間内では、甘えん坊だったりお茶目であったりしますが、外に出ると、人を頼らず、面倒見のいい親分タイプです。自分に対しても、他人に対しても要求が厳しいので、周りが付いていけなくなるということもありがちです。

動物占いで都道府県知事の性格診断! 大分県知事 広瀬 勝貞「守りの猿・猿のブラック」

動物占いで都道府県知事の性格診断をしてみました♪

大分県知事
(2020年(令和2年)5月現在)


広瀬 勝貞(ひろせ かつさだ)

1942年6月25日生まれ
動物占い60キャラ分類
 「守りの猿」
動物占いカラー分類
 「猿のブラック」


守りの猿
猿のブラック
の性格

気が若く、流行をうまく掴み、博識で上品、大らかな性格で常に活き活きとしています。年の離れた人とも境界線なく付き合うことができます。負けず嫌いな性格から、自分を大きく見せようと背伸びをしがちなところも。普段は小さなことにこだわるタイプではないのですが、プライドは結構高めです。傷つけられると、ダメージを受けやすく、好き嫌いは激しいのですが、本音はあまり外に出しません。気の許せる環境では、持ち前の人懐っこさとユーモアで人気者です。

動物占いで都道府県知事の性格診断! 熊本県知事 蒲島 郁「情熱的な黒ひょう・黒ひょうのオレンジ」

動物占いで都道府県知事の性格診断をしてみました♪

熊本県知事
(2020年(令和2年)5月現在)


蒲島 郁夫(かばしま いくお)

1947年1月28日生まれ
動物占い60キャラ分類
 「情熱的な黒ひょう」
動物占いカラー分類
 「黒ひょうのオレンジ」


情熱的な黒ひょう
黒ひょうのオレンジ
の性格

自分の意見を正直に言ったとしても、人に威圧感を与えることのないタイプで、誰にでも心を開かせることができるような気さくな人です。鋭い感性を持っていて、好き嫌いもはっきりしています。プライドは高い方ですが、感情にムラがあって、結構なお天気屋さんであるので、自分自身で、現実と理想の間のギャップに悩んでしまうところもあるようです。