カテゴリー別アーカイブ: 動物占いキャラナビ60

動物占いは個性心理学を分かりやすくしたもの

[広告]

動物占いって聞くと「あ~昔流行ったやつだなー」という人がいると思うんですが、今も装い新たに、密かに?ブレイクしているんですよね。

去年は、27時間テレビとか、月曜から夜更かしとか、テレビで紹介されたりしたので、知っている人は多いと思うんですが。

昔は12種類の動物だけだったのが、細かく分かれて全部でキャラクターは60種類というから面白い。

性格を分析する方法はいろいろありますが、動物占いは、四柱推命などの昔から伝わってきている統計的手法をベースにして、現代似合うようにアレンジされたもの、という説明があります。

しかも、それを動物で表現するというのが、親しみやすさを醸し出していて、とてもキャッチーなイメージを提供している感じです。

ですが、ちょっと調べていくと、その内容の深さにはホントに感心してしまいます。

動物占いは、個性心理学、という考え方をイメージ化したものと言えるようですが、「学」という文字がつく通り、まさに体系化された学問と言えると思います。

自分や気になる人の性格を見たり、相性を診断したりするだけでも十分楽しめるのですが、実は、動物キャラの力関係とか、仕切り度・仕切られ度なんかが統計的にまとめられていたり、複数の動物キャラクターが、ひとりの人の性格全体を表しているとか、運気の流れが見えてくるとか、興味深いことがたくさんあるんですね。

一回動物占いで診断してみて「あんまり当たらないなぁ…」と思った人なんかは、実は表面的なところだけしか見れていないかもしれないんです。

個性心理学、と名付けられているだけあって、その人の心全体を表そうとしているのが動物占いなんですね。

キャクター分類だけでも面白いですが、動物占い、個性心理学のより深いところが分かってくると、人間関係のエキスパートになれそうです。

マツコデラックスはペガサスのゴールド、関ジャニ村上は猿のブラック…

個性心理学とも言われている動物占いですが、進化版動物占いとか、動物キャラナビという呼ばれ方で、かつてのブームを凌ぐ勢い?で、また広まってきているようですね。

何せやっぱり、テレビで有名人が取り上げたりしてるところが寄与しているんだろうと思います。

もっと前にもあったのかもしれませんけども、27時間テレビ内の「さんま 中居の今夜も眠れない」で紹介されたのが、私が知っている始めの番組です。

明石家さんまさんが、慈悲深い虎、SMAP中居くんが、デリケートなゾウ、さんまさんの娘さん、IMARUさんは放浪の狼、ナインティナインの矢部っちは中居くんと同じ、デリケートなゾウだったと思います。

世界の北野こと、ビートたけしさんは、気分屋の猿、大竹しのぶさんが、波乱万丈のペガサスだったかなと思います。

そして、私の知る限りでは、その次のテレビ放送では、「月曜から夜更かし」という番組で、マツコデラックスと関ジャニ村上くんが紹介していて、面白い!って言ってましたね。

マツコデラックスさんは、ペガサスのゴールド、関ジャニ村上くんは、猿のブラック、って結果だったでしょうか。

いまの進化版動物占いは、27時間テレビで放送されたときみたいな、性格をひと言で表現したような分類と、「月曜から夜更かし」のときみたいに、カラーで区分するものとあるのですが、基本的には同じ動物占いと思って良いようです。

要するに、生年月日の数字から導かれる簡単な計算で、60通りの分類に当てはめられるわけです。

昔の動物占いは、12種類の動物だけだったんですが、性格のひと言や、カラーによって細分化されたんですね。これによってすごく詳細な鑑定結果を楽しめるようになってます。

しかも公式サイトとか見ていると、相性占いも充実して、かなり豊富なコンテンツになっています。

恋人との相性、友達相性、仕事仲間としての相性といった、いろんな角度からの人間関係も調べられて、進化版動物占いを極めたら、人間関係のエキスパートになれるんじゃないか?くらいに思います。

創始者の弦本さんて、博識だなと改めて感心です(^^)

動物占いのアニマルカラーを知らない人が多かった?

動物占いにアニマルカラーというのが追加されて、昔はやっていたときより、かなり詳しく性格診断ができる!ってことを知らなかったという人が、結構いるみたいで、逆に?ちょっと驚きです。

ついこないだ、月曜から夜ふかし、って番組で、マツコ・デラックスさんが「ゴールドのペガサス」だってことで紹介されて、いろんな診断結果を聞いて、本人も、ヘェ~って感じで面白いかも~と言われてましたね。

マツコ・デラックスさんって、そういう番組でヤラセ的なところないような感じだし、面白くなけりゃ面白くないって言いそうなもんだから、カラーで分類された今の新動物占い、進化版動物占いってのは、かなり信ぴょう性があるというか、信頼性が高まったんじゃないかと思います。

芸能人、有名人が紹介すると、やっぱりぐんと知名度が上がるんですけど、マツコ・デラックスさんが面白いっていうのは、なかなか聞いてる方としても興味深いです。

あんまり当たることがない占いだったら、全然当たらないじゃない!って一喝しそうな感じですもんね。

いやいや、前から興味はあって動物占いはちょくちょくチェックしてたんですけど、こんなに話題になってくるとは…。

ちゃんと見ればものすごく濃いコンテンツなので当たり前といえば当たり前とも言えそうな感じもしますが、いやはや面白い占いを考えたものですね~。

新動物占いで芸能人、有名人の性格診断♪

新動物占いって、人の性格やその傾向なんかを詳しく鑑定できて、しかもそれが当たる、言い当てられるとして、とても話題になっているもので、今年の夏頃でしたか、フジテレビの27時間テレビの中の、さんま・中居の今夜も眠れない、という番組の中で紹介されて、さらに知名度が高まった感じがあります。

昔に一度、動物占いって評判になったのですが、いま話題になっているのは、新動物占いとか、進化版動物占いとか、個性心理学とかって呼ばれ方をすることもありますね。

当時は生年月日から簡単に計算できる数字で、人の性格を12種類の動物に当てはめて占う形だったのですが、新動物占い、進化版動物占いになると、それがさらに細かく分類されて、60種類となって、より詳しい性格診断ができるようになりました。

私は、狼に該当するんですが、狼の中でも、ネアカの狼、クリエイティブな狼、好感を持たれる狼、放浪の狼、穏やかな狼、順応性のある狼、といった具合で、6タイプに分けられています。

もとの12種類のものそれぞれに、6タイプずつなのではなくて、4か6に分けられているみたいですね。狼、虎、猿、ひつじ、黒ヒョウ、コアラ(これは新動物占いでは子守熊と書かれています)が、6タイプだったはずです。

残り、ゾウ、ライオン、ペガサス、たぬき、こじか、チーター、が4種類です。これら合わせて60種類のキャラクターってわけです。

新動物占いの楽しみ方はいろいろありますが、芸能人、有名人の生年月日を調べて、動物占いのキャラクターを確認することで、自分と一緒のキャラの人を見つけて、自己分析してみるというのも面白い方法だと思います。

新動物占いでの診断結果だけでも充分楽しめますが、芸能人の雰囲気と比較することで、新たな自分発見ができることもあるかもしれません。新動物占いは、いろんな使い方でかなり長く楽しめるものだと思います。

動物占いとの縁

動物占いを知ったのは、今が旬の、いわゆる「新動物占い」として言われている、60種類のキャラクターがあるものじゃなくて、もう十何年前のときに流行した、動物12種類だけだったときに、嫁さんから、動物占いでは私はオオカミだと聞いたことが始まりでした。

それの説明に、ほぉ当たるもんだなぁと思ったことをよく覚えています。一人の時間が必要、人と違うと言われると喜ぶ、てなことが書かれてあったと思います。

そして、嫁さんがトラ。リーダー気質のようなことが書かれていたように思います。リーダーとか親分気質かどうかはよく分からないのですが、何というか、ざっくりした面倒見はいいと思うので、私との比較からして、それぞれの正確をうまいこと言い表しているよなぁと思いました。

こんなこと書いていて、以前にもそんなことをアップしたことあったなと思い出してきましたが、私が好きな動物を挙げろと言われたら、オオカミ、トラは、入ってくる動物なんですよね。

その証拠に、今、とある動物園のサポーターになっていて、それは2015年の初めに、動物園に寄付をしたのですが、その対象にしたのが虎なんですね。しかも、もともとは、オオカミにしようと思っていたのですが、数年前までいたオオカミが亡くなってしまっていることを聞いて、じゃあということで虎にしたわけです。

動物占いのことは頭にはなかったのですが、オオカミやトラを、寄付の対象に選んでいるというのは、我ながらなかなか興味深いことだなぁと思います。